西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

築地の貝(築地)滋味あふれる「現代病の救世主」を味わう

公開日: 更新日:

 さて! ランチメニューの「深川めし 煮穴子のせ」(900円)、「浅利のかき揚げ丼」(1100円)、「牡蠣フライ」(1300円)を横目でにらみながら、迷いに迷ってから「築地の貝定食」(1300円)をオーダーしました。刺し身はホッキ貝、赤貝、つぶ貝の盛り合わせです。それぞれのコリコリ感が微妙に違っていてサイコーです!

 酒蒸しには沖シジミ貝にムール貝、そしてホンビノス貝が入っていました。耳慣れないホンビノス貝は、ハマグリのように肉厚&ジューシー&プリップリの食感がサイコーです。各ビタミン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム……やはり注目は、タウリンが豊富に含まれていることです。

 アミノ酸の一種のタウリンにはインスリンや胆汁の分泌促進作用、血圧を正常に保つ作用、血糖低下作用、肝機能の改善作用、心筋の働きを正常にする作用などがあります。これって<私たちの体や細胞の状態を正常に戻そうとしてくれる>ということ。高血圧、動脈硬化、高脂血症、骨粗しょう症の予防など効果アリなので「現代病の救世主」という呼び方も納得するしかないですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る