【砂肝とセロリのサラダ風】シンプルだけど病みつきになる

公開日: 更新日:

ビストロ ヴォージュ(東京・銀座)

 砂肝とセロリ。どちらも、苦手という人が比較的多い食材だ。ところが不思議。佐藤シェフのサラダなら、そんな人でもたっぷり食べられてしまう。

 お店でも薫製にした砂肝を使って少しアレンジして出している。「だまされたと思って食べてみて」と言われ、大好物になってしまったお客さんもいるとか。しかし、脇役が当たり前の2つの食材を前面に出して、主役に仕立て上げるとは……。

「最初のお店はカウンターにつまみを置いていたんです。砂肝を使いたいなと思って、焼いたりしてメニューを考えていたところ、薫製にしたらおいしいと気づいた。強い味なので、合わせるものにも強さが必要。そこで『セロリだ』と思ったんです」

 それが絶妙の組み合わせになった。シンプルだけど病みつきになる味。もちろん常連さんの人気メニューだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る