コロナ禍で広がる親切の輪…「小さな図書館」に食料品が!

公開日: 更新日:

 2009年に米ウィスコンシン州で始まった「小さな図書館」運動。地域社会の人たちに小さな箱に収められた本を無料で貸し出す非営利の活動だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、この運動が「小さな貯蔵庫運動」に変化した、と話題だ。

 本を入れる小さな箱は「リトル・フリー・ライブラリー」と呼ばれ、全世界に約7万5000個が設置されている。

 米CNN(3月24日付電子版)などによると、新型コロナの感染拡大で店の棚から商品が消える中、人々がトイレットペーパーやマスク、缶詰やパスタといった保存がきく食料品など、不足しがちな日常品を「小さな図書館」に入れ始めている。

 運動を行っている団体が呼びかけたわけではなく、自然発生的な行為だ。

 このことに気づいた人たちは、次々と感動と絶賛のツイートを写真と共に投稿。写真はそのほんの一部だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る