コロナ禍で広がる親切の輪…「小さな図書館」に食料品が!

公開日: 更新日:

 2009年に米ウィスコンシン州で始まった「小さな図書館」運動。地域社会の人たちに小さな箱に収められた本を無料で貸し出す非営利の活動だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、この運動が「小さな貯蔵庫運動」に変化した、と話題だ。

 本を入れる小さな箱は「リトル・フリー・ライブラリー」と呼ばれ、全世界に約7万5000個が設置されている。

 米CNN(3月24日付電子版)などによると、新型コロナの感染拡大で店の棚から商品が消える中、人々がトイレットペーパーやマスク、缶詰やパスタといった保存がきく食料品など、不足しがちな日常品を「小さな図書館」に入れ始めている。

 運動を行っている団体が呼びかけたわけではなく、自然発生的な行為だ。

 このことに気づいた人たちは、次々と感動と絶賛のツイートを写真と共に投稿。写真はそのほんの一部だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る