在宅勤務で判明…中高年社員のパソコンスキルが低過ぎる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染防止を目的に、テレワークやリモートワークといった在宅勤務を導入する企業が目立ってきた。早い時期からリモートワークを始めた企業は間もなく1カ月近く経つが、若手社員から不満の声が出ているのが、幹部社員のパソコンスキルの低さだという。

「リモートワークが終わって通常勤務に戻ったら、上司の人たちは社内で冷たい目で見られるでしょうね」

 こう話すのは大手不動産会社に勤める40代の女性社員だ。この会社では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍首相が全国の小中高に一斉休校を呼び掛けた直後の3月初めからリモートワークをスタート。ところが、直後から若手社員を驚かせたのがパソコンスキルの低い幹部社員の姿だったという。

「在宅勤務を始める直前、部内で『お前らサボるなよ』などと注意していた幹部社員が少なからずいたのですが、いざ、リモートを始めたら、注意していた幹部ほどパソコンが苦手。というよりも、パソコンがほとんど使えない。しょっちゅう問い合わせが来るので、『参考資料はクラウドにあります』と説明しているのに何もできない。『パソコンが動かないんだ』とも言うので、おかしいなあと思っていたら、何と、自宅にWiFiの設定がありませんでした。社内でパソコンを使う時、『忙しくて時間がないから、この資料出しておいて』と言うばかりの人でしたが、ああ、パソコン使えなかったのね、って納得しましたね」(前出の40代女性社員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る