法事・法要が中止…新型コロナで激変する僧侶とお寺の形

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによって、志村けんさん(享年70)や岡江久美子さん(享年63)が亡くなった。そして、生死に携わる僧侶やお寺も変化を求められつつある。

「仏像を有する本堂や御朱印の授与などが休止になりました。室内墓所のため、墓参りの規制も検討されましたが、日々の墓参りを心の安寧につなげている人もいると感じているので、僧侶としてはなるべく規制しないようにしたいです」

 そう語ってくれたのは、観光寺としても有名な東京・五百羅漢寺の佐山住職。他にも法事のキャンセルが続き、お彼岸の法要も全て中止になったという。しかし、人が存在する限り「死」は必ずやってくる。どんなに混乱極まろうと葬儀をしないわけにはいかない。

 とはいえ葬儀の参加人数も減少傾向にあり、通夜や葬儀後の会食を中止にしたり、火葬場への同行を近しい家族以外は遠慮するなどの配慮をせざるを得ない状況だそうだ。

 もともと、寺離れが深刻化している昨今。今回のコロナウイルスで経済的にも精神的にもダメージを受けているお寺も少なくはない。地方の葬儀自体には、まださほど影響は出ていないようだが、頭を悩ますお寺も確実に増えていくだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る