在宅勤務続きで自炊にも疲れ…栄養バランスどうするべき?

公開日: 更新日:

 PR会社勤務、ひとり暮らしの翔太さん(35=仮名)は自宅のリモートワークで、すっかり粗食に慣れてしまった。

 当初は自分で凝った料理も作っていたが、だんだん献立を考えるのが面倒に。自炊に疲れて卵かけご飯だけ、ご飯と納豆だけなんて日も、最近は珍しくない。

「おかげでダイエットできました」と翔太さん。とはいえ、そろそろ外食でもしてみるかとラーメン屋に入ったら、「店員がマスクをせずに調理しているのを見て、ゲンナリしちゃいました」。

 翔太さんの粗食生活はしばらく続きそうだが、「やっぱり栄養が偏っているんじゃないかと、心配になりますね」。

 完全栄養食を開発・製造・販売するベースフードの「自宅での食事」に関する意識調査(全国の成人男女1000人対象=6月30日公表)によると、新型コロナ禍の影響で、半数近くが自宅食が「増えた」と回答し、そのうち58%が自炊を「負担と感じている」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る