【そうめんチャンプルー】茹で時間は規定よりマイナス30秒

公開日: 更新日:

大衆居酒屋みやらび(沖縄・那覇)

 そうめんチャンプルーは、そうめんのアレンジメニューとして、今や全国で親しまれている。具とそうめんを炒めるだけだが、ベチャベチャになることが少なくない。失敗しないコツは?

「そうめんの茹で加減に尽きます。茹で過ぎを炒めると、ベチャベチャになるんです。既定の茹で時間より30秒早く取り出すのがコツ。要は芯が残っている状態です。1本すくうと、麺の断面の中心の白が周りより濃く見えます」

 そうめんではなく、ひやむぎでもOK。茹で方は同じだ。麺がより太いひやむぎの方が芯を残す感覚をつかみやすいかもしれない。いずれにせよ水気をよく切ったら、小さじ半分程度の油をなじませておくと、炒めた時にフライパンにくっつきにくい。これが2つ目だ。

「フライパンでスパムに焼き色がつくまで炒めたら、ゴーヤースライス、そうめんの順に入れます。味の決め手は、小さじ1杯の白だしです。スパムに塩気があるので、塩はほんの少しで十分。炒め過ぎに注意して、白だしが全体になじめば出来上がりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る