なぜ開いた? シベリアの永久凍土に深さ50mの「謎の穴」

公開日: 更新日:

 ロシア・シベリアのヤマル半島で、永久凍土の大地に深さ約50メートルの巨大な穴がポッカリと開いているのが発見され、「なぜこんな穴が開いたのか?」と話題になっている。

 ロシアのテレビ局ベスティ・ヤマル(8月28日付電子版)などによると、この「謎の穴」は、ヘリコプターでまったく別の取材に赴いていた同局のクルーたちが上空から発見した。

 穴の周囲には溶けかけた土や氷が半径数百メートルの円状に飛散。モスクワの「ロシア石油・ガス研究所」のバシリー・ボゴヤフレンスキーさんは同局にこう語った。

「おそらく地中に空洞があり、そこにガスが溜まっていった。内圧が高まり、おそらく厚さ5~10メートルの地層の“ふた”を吹き飛ばしたのでしょう」

 さて真相は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  2. 2
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    もうサラリーマンでは手が届かない? 最新メルセデス・ベンツCクラスは、かなりお高い

    もうサラリーマンでは手が届かない? 最新メルセデス・ベンツCクラスは、かなりお高い

  5. 5
    自民候補が連呼「立憲が政権握れば日米同盟終わる」はフェイク! 識者も「根本的に間違い」と指摘

    自民候補が連呼「立憲が政権握れば日米同盟終わる」はフェイク! 識者も「根本的に間違い」と指摘

もっと見る

  1. 6
    自民・岸田派候補は衆院選でまさかの半分落選も…15人が野党候補と大接戦、閣僚経験者も劣勢

    自民・岸田派候補は衆院選でまさかの半分落選も…15人が野党候補と大接戦、閣僚経験者も劣勢

  2. 7
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 8
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 9
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 10
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に