不測の事態に備えて…家計にも定期的なメンテナンスが大切

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍の影響で収入が減ってしまった。急に自宅のリフォームをすることになった――。

 生活や家計の急変に見舞われることは、めずらしいことではない。例えば、結婚した、子供が生まれた、マイホームを手に入れたなどのイベントがあったとしよう。しかし、今後もわが家のマネープラン、ライフプランのもくろみ通りにいくとはかぎらない。

■急な出費に備える

 千葉県在住の佐藤遥さん(39)は、そんな体験をした。

「双子が生まれたことはうれしい誤算でしたが、育児にかかる費用や将来の教育費を考えると頭の痛い問題でした。マネープランもライフプランも見直すことになり、家計が落ち着くまで2~3年はかかったでしょうか。毎月の貯蓄額も減らさざるを得ませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る