不安多い21年大学入試の心構え 東大受験専門塾講師が語る

公開日: 更新日:

 春先には学校も塾も休校やオンライン授業が続いたうえ、ソーシャルディスタンス対策で入試が例年通りに行われるかもまだ未知数。そのうえ、今年はセンター試験に変わる大学入学共通テストの最初の年でもある。不安だらけの2021年大学入試はどうなってしまうのか? 異例の受験戦線を勝ち抜くにはどうしたらいいのか、受験の最高峰ともいうべき東京大学理科3類合格者の過半数を毎年輩出している、東大受験専門塾「鉄緑会」の久保堅太郎先生に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

「鉄緑会でも、4月と5月は対面授業を休止して、動画配信で授業を行いました。初めての試みとあって様々な苦労もありましたが、全講師一丸となって取り組んだ結果、『先生方の強い熱意が画面越しに伝わってきます』『動画配信は本当にありがたいのでこのまま是非続けてほしい』『先生、YouTuberになれますよ笑』といった声が数多く寄せられるほどになっていました。また、動画配信以外にも、受験学年である高3生に対しては各講師がメールや電話などで生徒各人をできる限りフォローし、学習状況を見守っていました。緊急事態宣言が解除された6月からは,感染対策に細心の注意を払った上で対面授業も再開しましたが,教室に来なくても授業を受けられるように動画配信も続けています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る