【ミンチ入り蓮根饅頭】オドロキのふわふわ食感

公開日: 更新日:

牛肉割烹 汐華(東京・銀座)

 旬の蓮根をすりおろして饅頭にし、熱々のあんをまとわせる。焼酎のお湯割り、燗酒が進む今回の一品は、冬の晩酌にピッタリだ。

「すりおろして余った蓮根をみじん切りにしてタネに足すことで、食感のいいアクセントに。上にかけた和風あんもシイタケやエノキ、シメジなどのキノコ類を加えると、より豪華になります」(五味さん)

 忘れちゃいけないのが隠し味に使ったマヨネーズ。

 ふわふわ食感で優しい味の蓮根饅頭に、絶妙なコクとまろやかさがプラスされる。

《材料》 
・蓮根 500グラム
・合いびき肉 100グラム
・ニンジン 3センチ
・ゴボウ 3センチ
・塩 小さじ1
・マヨネーズ 50グラム
・薄口しょうゆ 大さじ1
・片栗粉 適量

《作り方》 
(1)蓮根をすりおろし、ザルにあげて水分を切っておく
(2)ニンジン、ゴボウ、余った蓮根(分量外)の皮をむき、みじん切りにして水につけておく
(3)②を顆粒だし(分量外)を入れたお湯で好みの硬さに茹で、水気を切っておく
(4)合いびき肉を下茹でし、ザルにあげておく
(5)水分を切ったすりおろし蓮根に塩を混ぜ、レンジで軽く粘りが出るまで加熱する
(6)②~④にマヨネーズ、薄口しょうゆ、片栗粉を加えて粘りが出るまで混ぜ合わせる
(7)⑥の具材の形を整え、片栗粉をまぶして175度の油で揚げる
(8)市販のめんつゆを好みの濃度に薄め、片栗粉でとろみをつけ、青ネギを散らして完成(いずれも分量外)

▼五味誠治(ごみ・せいじ)
 1980年、香川県生まれ。18歳から料理の道に入り、大阪・北新地の高級寿司店で9年間、腕を磨いた。その後、新大阪、西麻布の和食店で研さんを積み、その腕を見込まれ汐華の料理長に。

▼牛肉割烹 汐華(ぎゅうにくかっぽう ゆうか)
 兵庫県で牛肉の卸問屋を営むオーナーの中尾直哉氏が2017年11月にオープン。目利きのプロが厳選した新鮮な牛肉、希少部位をさまざまな調理法で提供する。
「ブランド牛にこだわらず、その日その日の最上のお肉を、それぞれの部位に合った調理法でおいしく召し上がっていただきたい。それも、リーズナブルに。問屋だからこそ、できることだと自負しています」(中尾さん)

中央区銀座8―5―10 金成ビル4階
℡03・6264・5718

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る