【豚肉と春雨・豆腐のピリ辛酸辣小鍋仕立て】スープと麺のいいとこ取り

公開日: 更新日:

大衆割烹 大菊(東京・葛西)

「他のお店の料理は参考になります。これも外食がきっかけになりひらめいたものです」

 見た目は中華の酸辣湯麺。しかし、麺ではなく春雨で作るのがポイントだ。

 記者も酸辣湯麺は好きだが、さすがに酒のアテとしては重すぎる。かといってスープのみの酸辣湯では物足りない。スープを吸って食感もある春雨はその中間、両者のいいとこ取りだ。

「水菜などはあくまで彩りのためにのせました。なければないで構わない。そこはあまりこだわる必要はありませんよ。これは酸辣湯麺を食べていたとき、『春雨でも作れそうだ』と思ったのがきっかけです。他にもチェーン店のメニューからヒントを得ることもある。チェーン店は味はともかく、面白い料理が多い。そもそも世の中には自分が知らないことなんてたくさんあるんです。自分とは違う他人の発想は、本当に参考になります」

《材料》 
具材
・豚バラスライス 2枚
・絹豆腐 半丁
・春雨  適量
・刻みネギ 適量
・細切りタケノコ 適量
・シイタケ 2分の1個
・きくらげ 少々

スープ
・水 200㏄
・醤油 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1
・中華スープのもと 小さじ1.5
・ラー油 小さじ1
・豆板醤 適量
・酢 大さじ1
・水溶き片栗粉 少量
・卵 1個
・水菜や三つ葉・糸唐辛子 必要ならそれぞれ適量

《作り方》 
(1)酢・片栗粉・卵以外のスープ材料を鍋で混ぜ合わせて、具材を入れて火にかける
(2)豚肉に火が通ってふつふつと沸いたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてから、溶き卵、酢の順番で入れる。最後に水菜や糸唐辛子で飾って完成

▽大羽昌美(おおば・まさみ)
 東京都出身。高校中退後、1年間「大菊」でアルバイトをしてから、料理人になるため大阪で7年修業。その後、東京に戻って後を継ぐ。
「大阪の割烹屋は寿司でも鍋でも、何でもやる店が多い。寿司も握れますよ」

▽大衆割烹 大菊
 大羽さんの父と叔父が1980年に共同で開店したのが始まり。和食を中心とした豊富なメニュー、豊洲市場から仕入れた新鮮な魚介類が売り。地元中心に常連が多く、「飽きさせないため、おすすめメニューを頻繁に変えています」とは大羽さん。

東京都江戸川区東葛西6―4―2
℡03・3686・9688

 現在は月、火、木、金曜に11時半~12時45分の時間でランチ。夜は金、土のみ。金曜は17時から、土曜は15時から開店し、19時ラストオーダー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る