三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

コロナに翻弄されるなか…「禁断の領域」に踏み込む菅政権

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄される日本政府は、かつての黒船来航に右往左往した江戸幕府とそっくりだ。自主性がまったく感じられない今の官僚たちは、ちょうど幕末の役人のようである。

 ワクチン接種の遅れは安倍前総理や加藤前厚労相(現官房長官)のころから引きずっているものだが、彼らが官僚たちに裁量を与え、仕事をさせなかったことにも大きな原因がある。

 政府がコロナに翻弄され続ける一方で、菅総理自身は着々と自分の計画を進めているように思う。最近、森友学園問題の渦中に亡くなった元近畿財務局の赤木さんが作成したとされる「赤木ファイル」がにわかに表に出て、国がその存在を認めた。菅総理は“安倍封じ”をしたのではないか。これで関係者への追及が再燃すれば、次期総裁選への出馬を考える安倍さんを抑え込めるというわけだ。


 彼はみなが思っているよりずっとしたたかで剛腕である。そして、過去のどの総理も踏み込めなかった“禁断の領域”にも踏み込もうとしているように見える。偉業を成し遂げた英雄として、歴史に名を残そうと考えているように思われてならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る