飲酒運転の罰として葬儀場の清掃を…台湾・高雄市が新設した再犯防止策の“狙い”

公開日: 更新日:

 台湾・高雄市の民政局は、飲酒運転で摘発されたドライバーにユニークな罰を科している。市営葬儀場の清掃を行わせているのだ。

 高雄市では昨年12月26日、酒に酔った男が車で一家4人をはね、1人が死亡、3人が重軽傷を負う悲惨な事故が発生。

 これを受けて、陳其邁市長が発表したのが、葬儀場清掃という新たなペナルティーだ。死を身近に感じさせ、命を尊重する気持ちを芽生えさせ、飲酒運転の再犯を防止することが狙いだという。

 1月18日、初めてこの新しい罰が科せられ、飲酒運転で摘発された男10人、女1人が葬儀場の遺体安置所の冷蔵設備や火葬設備などの清掃を行った。

 約4時間の作業を終えた11人は全員、深い反省の色を見せていたという。うち1人は地元メディアにこう語った。

「私は安置所の冷蔵設備のドアの拭き掃除をしました。『ここに遺体が入っていたんだ』と実感しました。こんなに死を身近に感じたのは初めてで、ショックでした。今後、運転には十分注意します。飲酒運転など絶対にしません」

 果たして飲酒運転の減少につながるか……今後に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?