グニャッと曲げれば自由自在 プロも愛用する「お掃除スティック」が売れる理由

公開日: 更新日:

 今回は、「やっぱり新年だから大掃除をしたい!」という方におすすめのグッズです。

 まずは2016年の登場以来、テレビなどで何度も紹介された大人気の「お掃除スティック」。

 お掃除シーズンになるとお買い求めの方も多く、売れ筋の商品ですね。油性ペンよりやや太めのマイクロクロス(金鳥サッサみたいな繊維)に持ち手が付いているのですが、これが針金状になっていて自由に曲がるんです。

 例えばエアコンの吹き出し口。入り口の部分は雑巾でも拭けますが、奥の方は難しいですよね。でも、これを使えば隅々まできれいに拭き取れます。吹き出し口だけじゃなく、なかなか手が届きにくい上面も90度にグニャッと曲げればサッとほこりが取れます。

 空気清浄機やファンヒーターの吹き出し口や分解できないサーキュレーターなどにも最適。今まで見て見ぬふりをしてきた汚れが簡単に拭き取れますよ。

 長さが45センチあるので、風呂場やトイレの天井にある換気口にも届きます。普段掃除をしないカーテンレールの上の部分や壁から張り出している桟のところとかも。これで掃除をし始めると止まらなくなりますよ(笑)。あんなところやこんなところと、目についたところに曲げたり伸ばしたりしながら楽しくフキフキしちゃいましょう。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白