「右脳」活用で仕事も人間関係も円滑に! やる気が落ちる夏前に実践したいツボ

公開日: 更新日:

 なんでアイツばかり出世して、オレはくすぶっているんだ……。ジメジメとした暑さでイライラすると、何となく結果を出している人につい八つ当たりしたりすることがある。しかし、ちょっとした工夫で右脳を活用すれば、人生が好転するという。

  ◇  ◇  ◇

「大脳は大きく左脳と右脳に分かれ、左脳は言語によって働く一方、右脳はイメージに優れ、感覚力や直感力が強い。言葉の獲得が不十分な3歳までは右脳が優位で、そこから6歳にかけて言葉を覚えたり、経験を重ねたりしながら左脳優位に移行します。一般的な大人は、右脳の使い方に慣れた人を除くと、特別な右脳トレーニングをしない限り、右脳を十分に使えていないのです」

 こう言うのは、しちだ・教育研究所代表の七田厚氏だ。父眞氏が創始した七田式教育法を国内約230教室のほか、世界16カ国に展開する。父の言葉で右脳の重要性に気づき、以来、父と二人三脚で子供を中心に右脳活用法を伝えている。

 右脳活用法は当然、大人にも効果的で、このほど「いつも結果を出す人がやっている 『潜在意識』活用大全」(日刊現代)を上梓した。七田氏が続ける。

「どんな人も潜在意識に働きかけることができれば、驚くような力を発揮することができます。ところが、ほとんどの人はそれができていません。左脳と右脳は同時に使うことができず、左脳中心の考え方によって、右脳の働きが抑制されているのです。だからこそ、意識して右脳トレーニングを行ってほしいのです。そうすれば潜在意識が働いて、仕事や人間関係などがうまくいきやすくなります」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる