室内飼育のネコが引き起こす「日光過敏症」…動物病院の高額な検査誘導を回避するひと言

公開日: 更新日:

 紫外線が気になる季節になりました。サングラスや日焼け止めなどで対策している飼い主さんは少なくないでしょう。実はこの時季、完全室内飼育のネコちゃんが紫外線のトラブルに襲われることがよくあります。今回は、その対応について紹介しましょう。

 室内飼育のネコちゃんも日光浴が趣味で長時間日差しを浴びていると、肌が露出している額や耳翼などにアレルギー性のかゆみが生じて、患部を床にこすりつけたり、ツメでひっかいたり。そんなことを繰り返すうちに皮膚炎に波及します。これが日光過敏症と呼ばれる症状で、紫外線が強くなるこの時季に発症しやすいのです。

 最近は、紫外線をブロックするオゾン層が薄くなり、温暖化も加速。そのせいか、いまごろから9月くらいにかけて、完全室内飼育のネコちゃんでも日光過敏症を引き起こすケースが珍しくありません。窓越しでの日光浴を好むタイプです。

 古くは自宅と外を行き来するタイプや野良ちゃんなどに多く、ノミやダニ、シラミなどとの鑑別も重要でした。当時を知る獣医師としては時代の変化を感じますが、完全室内飼育なら寄生虫の可能性はすんなりと否定できるでしょう。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで