都知事選ポスター“掲示板ジャック問題” ピンクチラシから張り替えられたポスターは適切か?

公開日: 更新日:

「SNS時代にこういうことが起こってくる」「(掲示が)知事選を目的にしていないとすれば大きな問題だ」

 自民党田村憲久政調会長代行(59)は23日のフジテレビの番組で、東京都知事選(7月7日投開票)のポスター掲示板に候補者ではない女性が複数掲示されるなどの「ジャック問題」について言及。「法改正を含めて検討しないといけない」として、公職選挙法改正を含めた対応が必要との見方を示していたが、これは当然だ。ポスター掲示板に候補者以外の“ピンクチラシ”ばりの写真が並ぶ状況は、首都の首長選としてふさわしくないのは言うまでもない。

■警視庁は風営法違反の疑いでN国党にポスター撤去を警告

 今回の都知事選の選挙ポスターを巡っては、掲示板に風俗店の広告ポスターを貼ったとして、警視庁が風営法違反の疑いで、政治団体「NHKから国民を守る党」(N国党)の立花孝志党首(56)にポスターを撤去するよう口頭で警告。これを受け、N国党は別のポスターに貼り直したという。

 日刊ゲンダイ記者がその後、都内の選挙ポスター掲示板を確認しに向かうと、確かに張り替えられていたのだが、今後は「竹島は日本の領土」と書かれた竹島の写真や、「必ず取り戻す」との文字が添えられた、北朝鮮による拉致被害者・横田めぐみさんの写真だった。

 風俗店の広告ポスターは論外として、差し替えられたポスターも果たして都知事選にふさわしいと言えるのか。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方