相次ぐ「介護殺人」は動機も複雑に 何が家族を追い込むのか

公開日: 更新日:

 痛ましい事件が相次いでいる。先月22日には、利根川で高齢の夫婦の死体が見つかり、その娘(47)が無理心中を図ったとして殺人と自殺幇助で埼玉県警深谷署に逮捕された。認知症の妻の介護に苦しんだ夫が娘に「殺してくれ」と告げ、3人で川の深い部分まで歩いて進んだという。

 その前には、足の不自由な姉を千葉の山に捨てた男(63)や、寝たきりの夫の首を絞めて殺した妻(63)なども逮捕されている。どれも、介護に苦しんだ末の悲劇だ。広島では、介護していた妻を殴り殺した夫(67)も捕まった。介護を苦にした殺人事件は、いつもどこかで起きている。他人事ではないのだ。

 警察庁の「平成24年の犯罪」によると、殺人事件は884件で、そのうち介護が動機だったのは24件でしかないが、実際にはもっと多いとみられている。

「介護の苦しさがベースにあっても、借金や親族とのトラブルなどもあると、介護殺人としてカウントされにくい。また、心中で加害者も亡くなっていると、穏便な事後処理を望む遺族の希望を考慮して、事件化されず、報道もされません。平成24年の介護を苦にした自殺は292件ですから、この数字を含めると、介護殺人は1000件近いのではないかとみられています」(警察関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る