浮気調査のプロ語る 妻にバレて“ゲス度”あげないルール

公開日: 更新日:

 臨月の妻・金子恵美衆院議員(37)を放り出し、元タレントの女性と逢瀬を重ねていた宮崎謙介前議員(35)。今度は18日発売の「週刊文春」に「二重婚約」疑惑をスッパ抜かれ、SNSがますます大炎上している。今年はベッキー(31)、狩野英孝(33)と、この類いの話が立て続けだが、「ゲス」のレッテルを貼られないためにはどうしたらいいのか。「境界線」を知っておく必要がありそうだ。

「男女を問わず、病的な浮気性の人は少なくありません。浮気がバレた際に“ゲス度”をアップさせないためには、自分を厳しく律した方がいいルールがひとつだけあります。それは“身近な畑には手をつけない”ことです」

 こう言うのは、数多くの浮気調査を手掛けている「MIRAI探偵社」の津金廣太郎代表だ。

「最悪の事態に陥ることが多いのは、小中学校のパパ友、ママ友同士の不倫です。お互い信用し、親しく接していた相手に裏切られると“精神的苦痛”が倍増し、ドロ沼離婚裁判になってしまう。子供や親戚を巻き込むことにもなるし、近所や学校に噂が広まれば引っ越しを余儀なくされることもある。あるいは夫が職場の部下と不倫し、その女性が妻の元同僚だったケースも修羅場になりました。反対に、妻や彼女が浮気相手とまったく面識がない場合は、離婚や破局を回避できることがあります。素性を知らない“他人”だと、意外と許せるのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る