二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

弁護士・水野祐さん<下>

公開日: 更新日:

二木 それがなぜ弁護士志望に?

水野 そのころ米国の法学者ローレンス・レッシグ先生の「CODE―インターネットの合法・違法・プライバシー」(翻訳=山形浩生、柏木亮二)というサイバー法に関する歴史的名著の翻訳が日本でも出版されて、それを読んだんです。自分の時代に影響を受けたカルチャーとネットと法律が交錯して、「今はこういう時代なんだ」「こんな視点があるんだ」と気付いたのです。

二木 まさに運命的な出合いですね。

水野 当時はサイバー法の研究や議論も日本ではまだ進んでいない状況でしたが、「インターネットとクリエーティブと法律の交差点がこれからは面白くなるぞ!」と直感しました。だったら、弁護士資格はあった方がいいなと。

二木 学生時代の思いが今につながっているのですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る