石油ショックには勝てず…26店のキャバレー経営が立ち往生

公開日: 更新日:

 キャバレーチェーン「ウラシマ」を都市部中心に26店舗まで増やした三浦稔さんは、次の経営戦略として地方へ進出。キャバレーのフランチャイズ化に乗り出した。

 店舗面積50坪、客席78席を標準にして、店舗設備資金1574万円、開店準備資金を合わせた総額2048万円、ロイヤルティーが3%。

 1カ月営業に必要な支出(仕入れ、人件費、販売促進費、一般管理費)を77%として、利益が約20%……。

 詳細な金額を提示し、ウラシマ・フランチャイズシステムをつくり、攻勢をかけようとしていた寸前、オイルショックが起きた。

 第1次ショックは1973年、原油価格が高騰し、消費者物価が23%も上昇し、74年、戦後初めて、マイナス1・2%という低成長を記録した。

「年商100億円ぐらいで、決算は手形にしておりました。1977年、3500万円の手形が落ちない。これが皮切りになって、資金繰りがショートしていきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る