池田清彦さん<上>従順に一生懸命働いているだけの人や仕事はAIに淘汰される

公開日: 更新日:

 精神科医の名越康文さんがゲストの知られざる一面に迫る。今回は「構造主義科学論」の立場から科学論、社会評論を行う生物学者で、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」での毒舌コメントで人気の池田清彦さん。山梨大学と早稲田大学で教壇に立った経験などから「AIと働き方改革」について語ってもらう。

名越 AI(人工知能)の発展で、これからの10年で日本人の働き方も大きく変わるといわれます。

池田 今の日本は古い工業化社会の働き方に適合してきた人が上に立ち、ただひたすら上司の言うことを聞いて一生懸命働けば生産性が上がると信じてきました。でも、それが通用したのはせいぜい1960年代まで。

名越 私も5年ぐらい前から「企業の本社ビルをなくして欲しい」と言っているんです。山手線のラッシュに揉まれるだけですっかり人間嫌いになってしまう。それでは人間相手の営業成績なんて上がりません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る