ハナツアージャパン・李炳燦社長<3>大震災で激動の2011年

公開日: 更新日:

 2011年、順風満帆だったハナツアージャパンに最大の危機が訪れる。それは、3月11日に発生した東日本大震災から始まった。

 その日は、金曜日。震災から津波、原発事故と被害が広がる中で、李は気にかけながらも、被災地が東京から離れていることもあり、それほど深刻に捉えていなかった。

「日曜日には家族と外食に出掛け、子どもにせがまれてカラオケにも行きました」

 いつも通りに、平和な週末を過ごしていた。

 ところが、翌日の月曜日からすべてがひっくり返る。出社すると、社員の3割以上が出社していなかった。

 当時は、社員のほとんどが外国人。海外のメディアが放射能被害を大々的に報じたために、彼らは放射能の拡散を恐れて一目散に帰国してしまったのだ。外資系という性格上、日本の企業では考えられない事態が起きていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る