ハナツアージャパン・李炳燦社長<3>大震災で激動の2011年

公開日: 更新日:

 2011年、順風満帆だったハナツアージャパンに最大の危機が訪れる。それは、3月11日に発生した東日本大震災から始まった。

 その日は、金曜日。震災から津波、原発事故と被害が広がる中で、李は気にかけながらも、被災地が東京から離れていることもあり、それほど深刻に捉えていなかった。

「日曜日には家族と外食に出掛け、子どもにせがまれてカラオケにも行きました」

 いつも通りに、平和な週末を過ごしていた。

 ところが、翌日の月曜日からすべてがひっくり返る。出社すると、社員の3割以上が出社していなかった。

 当時は、社員のほとんどが外国人。海外のメディアが放射能被害を大々的に報じたために、彼らは放射能の拡散を恐れて一目散に帰国してしまったのだ。外資系という性格上、日本の企業では考えられない事態が起きていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  10. 10

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

もっと見る