ハナツアージャパン・李炳燦社長<3>大震災で激動の2011年

公開日: 更新日:

 2011年、順風満帆だったハナツアージャパンに最大の危機が訪れる。それは、3月11日に発生した東日本大震災から始まった。

 その日は、金曜日。震災から津波、原発事故と被害が広がる中で、李は気にかけながらも、被災地が東京から離れていることもあり、それほど深刻に捉えていなかった。

「日曜日には家族と外食に出掛け、子どもにせがまれてカラオケにも行きました」

 いつも通りに、平和な週末を過ごしていた。

 ところが、翌日の月曜日からすべてがひっくり返る。出社すると、社員の3割以上が出社していなかった。

 当時は、社員のほとんどが外国人。海外のメディアが放射能被害を大々的に報じたために、彼らは放射能の拡散を恐れて一目散に帰国してしまったのだ。外資系という性格上、日本の企業では考えられない事態が起きていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る