ハナツアージャパン・李炳燦社長<2>起業6年後にオファー

公開日: 更新日:

 1996年、日大卒業とともに、日本にある台湾系インバウンド専門旅行会社「ワス」に入社する。韓国担当として仕事に取り組むと、通訳ガイド時代に築いた人脈を生かし、見る見る間に実績を上げていった。

 その一方で、社長との間に次第に摩擦が生じるようになっていく。

「個人客が増えるので、こういうことをやりましょう」などと社長に提案しても、なかなか返事をもらえず、じりじりすることも少なくなかった。

「いま思うと、私はガンガンいき過ぎたのかもしれませんが、意見がぶつかり合うようになり、最終的には、『君ひとりでやった方がいいんじゃないか』という提案もあって」、独立を決意する。

 99年、韓国向けのインバウンド専門旅行会社「宇進」を設立した。現在の親会社であるハナツアーとはワス入社当時から付き合いがあり、引き続き取引先となってくれたことで、宇進は順調な滑り出しを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  9. 9

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る