ハナツアージャパン・李炳燦社長<2>起業6年後にオファー

公開日: 更新日:

 1996年、日大卒業とともに、日本にある台湾系インバウンド専門旅行会社「ワス」に入社する。韓国担当として仕事に取り組むと、通訳ガイド時代に築いた人脈を生かし、見る見る間に実績を上げていった。

 その一方で、社長との間に次第に摩擦が生じるようになっていく。

「個人客が増えるので、こういうことをやりましょう」などと社長に提案しても、なかなか返事をもらえず、じりじりすることも少なくなかった。

「いま思うと、私はガンガンいき過ぎたのかもしれませんが、意見がぶつかり合うようになり、最終的には、『君ひとりでやった方がいいんじゃないか』という提案もあって」、独立を決意する。

 99年、韓国向けのインバウンド専門旅行会社「宇進」を設立した。現在の親会社であるハナツアーとはワス入社当時から付き合いがあり、引き続き取引先となってくれたことで、宇進は順調な滑り出しを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る