ハナツアージャパン・李炳燦社長<5>多様性を重んじる会社

公開日: 更新日:

「ハナツアージャパンは、多様性を重んじる会社で、それが強みでもあります」と、李は語る。

 それはもちろん、グループ全体の6割、旅行部門に限って言えば、8割が外国人社員で構成されていることと無関係ではない。2006年からは、韓国人、日本人以外も採用しており、いまでは8カ国の社員が在籍している。

 ツアー商品を各国に販売している関係上、国々のニーズを把握しないとしっかりした商品づくりができないためだ。

「もちろん、最初からうまくいっていたわけではないのですが、蓄積した経験の中から、多国籍の外国人同士が働きやすい環境をつくるノウハウは相当持っています」

 人種、性別、年齢、宗教などにこだわらずに多様な人材を生かそうというダイバーシティーの考え方を実践している。同社では、女性社員は6割以上を占めるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る