【給与】日本は実質マイナス成長 平成30年間給与上がらず

公開日: 更新日:

 国税庁の民間給与実態統計調査によれば、平均年収は402万円から432万円(2017年)と30万円増えている。この30年で最も高かったのは97年の467万円で、元年以降で最低はリーマン・ショックの翌年(09年)の406万円だった。

 もっとも「OECD」のHPでは、1995年から2015年の20年間の平均年収の上昇率は英国が33%で米国は32%、フランスは24%だったのに日本はマイナス1%となっている。

「平成はずっとデフレが続いていたこともあって、給与はほとんど上がっていません。30年でこれだけ変化がないのは世界でも異常。世界は経済成長をしてきたのに日本は実質マイナス成長で、今は世界経済が悪化しつつある中でデフレも脱却できていない。次の30年はさらに厳しくなるかもしれません」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

 30年間、給与が上がらないのはつらいが、「令和」も期待できそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る