医療費“過去最高”で負担増大「社会保障制度」は破綻寸前!

公開日: 更新日:

 2018年度の概算医療費は42・6兆円で、前年度比約3000億円の増加となり2年連続で過去最高を記録した(厚生労働省「18年度 医療費の動向」9月26日公表)。注目されるのは75歳未満の医療費が減少しているのに比べ、75歳以上が全体の16・4%を占め、前年度比で約4000億円増えていることだ。

 概算医療費は、すべての国民が医療機関に支払った「国民医療費」の98%にあたる速報値。約1年後に確定値が公表される。

 現在65歳以上の人口は3575・2万人で前年比37・6万人増えた(総務省統計局19年9月20日公表)。75歳以上は1830万人。今後は1947~49年生まれの団塊世代約700万人が加わり、75歳以上は大幅に増加する。

 一方、生産年齢人口(15~64歳)は7518・1万人と前年比約42・8万人の減少。こうした高齢化は、現役世代にかかる社会保険料の負担を増大させることは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る