NIKEエアマックス 95を日本で売り1年で44億円を稼いだ男

公開日: 更新日:

 最近人気のスニーカーの代表格といえばナイキのAIR MAX95(エアマックス95)だろう。もちろん、1995年に発売されたものではなく復刻モデルだ。当時もエアマックス95は爆発的な人気で価格が高騰し、履いている人間を襲って奪う「エアマックス狩り」が起きるほど熱狂的人気だった。

 そんなエアマックス95をナイキの米国本社と個人契約して1年間で40億円以上も売った人物がいる。中谷昌文氏だ。中谷氏は近著の「ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?」(日本実業出版社)で、このときの様子を次のように書いている。

<渡米先で見たマイケル・ジョーダンの超人的なジャンプカに感激し、彼が指導に来るバスケットボール教室に入門したいと思いました。

 もともと、私は中京大学体育学部の出身で、バスケットボール部副主将を務め、全日本学生選抜選手に選ばれるなどバスケが大好きだったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る