保険クリニック 勝本竜二社長<1>保険ショップの先駆け

公開日: 更新日:

■「正直、保険は嫌いでした」

「信用金庫時代に、セールスレディーに無理やり保険を契約させられそうになったので、正直、保険は嫌いでした。でも、自分の中でこのままではいけないという気持ちもあったと思います」

 地元の支社で営業成績を積み上げたのち、自ら志願して千葉支社に転勤し、損害保険代理店に、生命保険の販売についての育成や教育をすることになった。

「30の代理店を任されたとき、1年間の保険料で7000万円分の販売を促すことを予算として設定されました。しかし、実際は3カ月で700万円しか販売させられませんでした。『おかしいな』と思って前年の数字を調べてみたら、30の代理店で年間2900万円しか契約できていなかったんです。蓋を開けたら、今まできちんとやっていなかった代理店が集められたわけです。それで、やり方を根本的に変え、4カ月目に単月で2100万円契約することができました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る