ヴィレッジインク 橋村和徳社長<1>廃校や無人駅は“宝の山”

公開日: 更新日:

 ワーケーション(ワークとバケーションをミックスした造語)で全国を旅していると、各地でエッジが利いた人々に出会うことが多い。私は彼らを“愛すべき奇人・変人”と呼んでいる。

■日経トレンディ「2021年ヒット予測ランキング」1位

 静岡県下田市にあるヴィレッジインクの橋村和徳氏もそのひとり。キャンプ場運営をメイン事業とする同社の創業から9年目の2020年、日経トレンディの「2021年ヒット予測ランキング」の1位に選ばれた。1位になった当該コンテンツは、「無人駅&辺境グランピング」である。

 そのひとつが、群馬県みなかみ町のJR東日本・土合駅の利活用だ。1日の乗降客数約20人の無人駅の駅舎をカフェに、インスタントハウスと呼ばれる簡易断熱テントを宿にして、さらには大流行の野外サウナも備えた施設を造った。

 このような辺境・秘境は、橋村氏の“大好物”。

「そこには廃校、無人駅、耕作放棄地などの遊休地があり、新しい観光コンテンツとなり得るからです。廃れゆく自治体への人口流入を狙えますし、施設の初期投資はリノベーションと動産設備がメインなので、コスパも良い」と語る。

 さらに今年1月には福岡県の糸島半島の耕作放棄地に「唐泊ヴィレッジ」を開村。グランピングはもちろん、よそ者が村民になって、“リアルあつまれどうぶつの森”のような村づくりに参画できる場も発足した。また、同県うきは市の廃校となった小学校で、校庭をオートキャンプ場に、教室を暖炉付き宿泊スペースに予定するなど“攻め”の姿勢が続いている。

 そう、コロナ禍であろうと橋村氏が弱気になることはない。

 1973年、第1次オイルショックの年に佐賀県唐津市に生まれた橋村氏。テレビ局の営業パーソンを経て、ITベンチャーの起業に参画し、営業本部長として9年間勤務。同社は途中IPOも果たした。

「その頃は“ゴリゴリの営業”スタイルを求めていたので、周囲にはメンタルを病む者が多くて……。心のケアの一環として、大自然と触れ合う大人のキャンプに部署のメンバーで行ったところ、チームワークが高まった。離職率が低くなり、生産性もアップ。これはビジネスチャンスになるかも、と思いました」

 その後、新規市場を開拓するために中国に渡るも、キャンプ事業への思いが募っていったそう。静岡県西伊豆に、船でしか行けないグランピングに最適な場所を見つけたので、退職して日本に帰国。橋村氏いわく、西伊豆の空き地に“不法侵入”して、“一人DASH島”のように、黙々とキャンプ村づくりに励む。

 そのうち経済的に苦しくなり、手元にある全財産をつぎ込んでヴィレッジインクを創業した。創業以来、山あり谷ありの社長稼業だったが、橋村氏はどんな困難な局面にあっても「いつでもご飯をモリモリ食べますし、布団に入ればすぐ眠れます(苦笑い)」。

 いやはや、この強靱なマインドは、一体どこで醸成されたのか? =つづく

(取材・文=東野りか)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る