米国株は底打ちか…バフェットが今年に入って買い増した銘柄は?

公開日: 更新日:

 米国株はどこまで下がるのか──。株価の水準を判断する指標にはさまざまあるが、「バフェット指標」もその一つだ。投資の神様「ウォーレン・バフェット」が割高・割安を見極めるために利用しているといわれる。計算式は「米国株の時価総額÷米国の名目GDP×100」とシンプル。数値が大きいほど割高だとされ、100を下回ると割安と判断される。

 実際にコロナショックが起きた2020年3月には100近くまで下がって株価が底入れ、その後に反転している。以降は、急激に上昇し、バフェット指標は21年秋に200を超える水準に達した。

 そこからは下落に転じて、NYダウは3月末から8週連続でマイナス。1923年以来最長の下げを記録した。そして現在のバフェット指標は150程度。割安といわれる100までは下がっていない。ただ、コロナショック直前の20年2月上旬よりも低い位置にあり、相場の過熱感は、薄れていると考えてもいいかもしれない。

 そんな中、バフェット自身は22年1~3月に株式を大きく買い増した。20年、21年は売り越して、現金比率を高めていたが、ここにきて一気に保有株を増やした格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍