インデックスに勝つアクティブファンド 狙うべきは市場全体よりも勝ち組企業

公開日: 更新日:

 最近、注目を集めつつある投資信託がある。米国のキャピタル・インターナショナルが運用する「キャピタル世界株式ファンド」(DC年金つみたて専用)だ。世界株に投資するアクティブファンドで新NISAのつみたて投資枠の対象。過去5年の騰落率は100.99%だ。同社は1931年に設立された米国の運用会社。WTWのデータによると、グループの運用資産は2022年時点で2.7兆ドル(約405兆円)に上り、世界7位の規模を誇る。

 一方、世界株ファンドで投資家に圧倒的な人気があるインデックスファンドはeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)、通称「オルカン」。5年の騰落率は91.68%でキャピタルのファンドのほうが若干上回る。「アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」と言われているが、アクティブファンドの中にも優秀なファンドはある。

 日本株ではさらに差が広がる。新NISAのつみたて投資枠の対象ファンドで探してみると、アクティブ型で5年の騰落率トップは三井住友DSアセットマネジメントの「大和住銀DC国内株式ファンド」で5年の騰落率は93.71%。これに対して日経225に連動するインデックスファンドの5年騰落率は50%程度。資産を増やすにはアクティブファンドにも目を向けるべきかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク