旧文通費めぐる維新vs自民のバトルは“プロレス劇”? 馬場代表の激怒も世論は冷ややか

公開日: 更新日:

自民党さんと話をする中で、彼らが『信用して欲しい』『期日を外してくれ』と水面下の話があって、外しているわけです」

 国会議員の「第二の歳費」と呼ばれる月額100万円の調査研究広報滞在費(旧・文書通信交通滞在費)の使途公開や残金返納を義務づける立法措置を巡り、日本維新の会が今国会中に目途をつけるよう求めているのに対し、自民党側が先延ばしをほのめかし、維新の馬場伸幸代表(59)が怒りを爆発させている問題。

 馬場氏は13日、自民総裁の岸田文雄首相(66)と5月31日に交わした合意文書について、「(当初の)文案には、今国会中に決着を図るという意味の文案が入っていたと聞いています。(自民から)その時期的なものを外してくれ、信用してくれと仰ったので信用した」と交渉経過の内幕を暴露。

 さらに「松井(一郎)前代表のお母さんが『人間は騙すより、騙される方に回れ』と教えられたと。何度も言っていました。私もその言葉を受け継いで、他の人には真摯に対応している」と改めて自民の対応を批判した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる