イラク緊迫化で米空母派遣…「改憲」で自衛隊は大丈夫なのか

公開日: 更新日:

 再び泥沼の状況に陥るのか――。イスラム教スンニ派の過激派組織「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」のテロが引き金となったイラク国内の内戦が緊迫化してきた。

 ISISは、北部モスルや北中部ティクリートなど主要都市を次々に制圧。首都バグダッド“奪還”を掲げて勢力を拡大中だ。この事態を重く見た米国のオバマ政権は、空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」をペルシャ湾に派遣。艦載機や無人機による空爆、巡航ミサイル「トマホーク」を使った攻撃の検討を始めた。

 米国がイラク駐留米軍を撤退させたのは11年12月。それから、わずか2年6カ月で再びイラクに空母を送り込む展開になるとは、オバマ大統領も予想外だっただろう。

「米国は大変な衝撃を受けていると思います。ISISは『(イラク戦争の)落とし前をつける』と叫んでいる。つまり、先のイラク戦争のツケが最悪の形で回ってきたのです。混乱が長引けば、火種を抱えたシリアやパレスチナなどにも戦渦が飛び火し、中東の火薬庫が連鎖で爆発する恐れがあります」(元外交官の天木直人氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る