「二足のわらじは…」 田中真紀子氏“出馬ドタキャン”の真相

公開日:  更新日:

 解散前日の立候補辞退。“お騒がせ”は相変わらずだ。

 民主党の田中真紀子元外相(70)が衆院新潟5区からの出馬を取りやめた。党本部や新潟県連に届いた文書には、地元の越後交通で会長を務め、東京造形大学で客員教授に就いているため「二足のわらじを履くことは難しい」という理由が書かれていたそうだ。

 2年前の総選挙で落選し、引退説まで流れたが、自ら申請して公認の内定を取り付けていた。それだけに、“多忙”が理由とは解せない。

「今回も勝ち目がないと見て、敵前逃亡したのでしょう。先月、民主党が独自に行った情勢調査の結果が芳しくなかった。2回連続落選では政治生命が途絶えますからね。しかし、このタイミングで辞められると、後任の候補者を探すのが大変です。プライドの高い“お嬢さん”ですから、組織への迷惑なんて関係ないんでしょう」(民主党関係者)

 真紀子氏には公認会計士の優秀な長男がいるが、かつて「政治家になる意思はない」と代理人を通じて表明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る