「イスラム国」再び攻勢…逃げるイラク兵に決断迫られる米国

公開日:  更新日:

 5月中旬、米軍の空爆によってナンバー2を殺害された弔いなのか、「イスラム国」が再び攻勢を強めている。

 17日にはイラク西部のラマディを陥落させ、20日にはシリア中部のパルミラを制圧。シリア国営テレビによると、パルミラの住民400人以上が殺害されたという。被害者の大半は女性や子どもだった。

 24日はイラクとシリアの国境にある検問所を制圧し、戦闘員は自由に国境を行き来している状態だ。イギリスの民間団体によると、イスラム国は「シリア領の半分を勢力圏に入れた」という。

「一番の問題は、イスラム国と戦っているイラク兵が弱すぎるということです。危ないとなったら、すぐに逃げてしまう。17日にラマディを制圧された時は、米軍が供与した戦車など100台以上を置き去りにして退却しています。過去、何度も同じようにイスラム国に武器を奪われている。さすがに米国防総省のウォーレン報道部長は『さまざまな失敗があった』と怒りを爆発させています」(外務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る