• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「イスラム国」再び攻勢…逃げるイラク兵に決断迫られる米国

 5月中旬、米軍の空爆によってナンバー2を殺害された弔いなのか、「イスラム国」が再び攻勢を強めている。

 17日にはイラク西部のラマディを陥落させ、20日にはシリア中部のパルミラを制圧。シリア国営テレビによると、パルミラの住民400人以上が殺害されたという。被害者の大半は女性や子どもだった。

 24日はイラクとシリアの国境にある検問所を制圧し、戦闘員は自由に国境を行き来している状態だ。イギリスの民間団体によると、イスラム国は「シリア領の半分を勢力圏に入れた」という。

「一番の問題は、イスラム国と戦っているイラク兵が弱すぎるということです。危ないとなったら、すぐに逃げてしまう。17日にラマディを制圧された時は、米軍が供与した戦車など100台以上を置き去りにして退却しています。過去、何度も同じようにイスラム国に武器を奪われている。さすがに米国防総省のウォーレン報道部長は『さまざまな失敗があった』と怒りを爆発させています」(外務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る