白書では突出…若い男性はなぜ「午前0時」に命を絶つのか

公開日: 更新日:

 若い男性は深夜に自殺する――。こんな調査結果が注目されている。

 内閣府がまとめた2015年版自殺対策白書によると、2014年の全国の自殺者は2万5427人で、5年連続で減少。男性が68%、女性が32%だった。

 気になるのは40歳未満の男性が自殺する時間帯。午前0時台が抜きんでて多いのだ。

 統計データによると、1972~2015年の44年間で自殺した40歳未満男性は約18万人。そのうち約1万2000人が深夜0時台に命を絶っている。白書に掲載された自殺の発生時間帯を示すグラフを見ると、その突出ぶりに驚かされる。一番多いのは日曜の24時台、つまり月曜の0時台だ。ちなみに女性は深夜や日中などに分散している。男性はなぜ、深夜に旅立つのか。

 明大講師の関修氏(心理学)はこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る