ジュピターテレコム牧俊夫社長<1> 携帯販売で社長に叱られ

公開日:  更新日:

 ジュピターテレコムは、J:COMブランドで知られる日本最大のケーブルテレビ会社だ。札幌、仙台、関東、関西、九州・山口の5エリアにブロードバンドネットワークを敷設し、ケーブルテレビ、高速インターネット接続、固定電話サービスなどを提供している。

 1979年、牧社長が大学卒業とともに入社したのは、当時、地元・名古屋に本社を構えていた作業車両の国内トップメーカー「アイチコーポレーション」。セールスエンジニアとして、電設用機械車両の輸出販売を担当した。

 25歳のとき、テレコム・マレーシアへの入札に向けて意欲を燃やした。現地で万全の準備を整え、「この価格なら入札を勝ち取れる」と、自信を持って本社にかけあった。

 ところが、本社からの返事は、「そんな価格では入札しない」。

 悔し涙を流す牧青年を、代理店の社長が同情して慰めてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る