凶悪犯も約8%に 「保釈率」増加の背景を弁護士に聞いた

公開日: 更新日:

 刑事事件の被告の保釈率が過去10年で最高になったと報じられた。最高裁によると、昨年1年間で、1審の判決前に保釈された件数は、1万4233件。勾留された被告の4人に1人がシャバに戻っているのだ。

 殺人・殺人未遂で起訴された被告ですら保釈率は7.7%と10人に1人近く。強制わいせつや強姦などの性犯罪は32.2%、覚醒剤取締法違反では21.9%と、いずれの保釈率も年々増加している。警察が捕まえたと思った凶悪犯が、実は、拘束されていないこともあるわけだ。ちょっと驚きではないか。

「裁判員制度の導入に伴う裁判官の意識の変化が大きい」と分析するのは、東京永田町法律事務所・小野雄一郎弁護士だ。

「2009年から導入された裁判員裁判では連日、公判が開かれます。その分、被告人と弁護人は事前に十分な打ち合わせをする必要がある。被告人が勾留(身柄拘束)されていると、それができないためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る