• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

凶悪犯も約8%に 「保釈率」増加の背景を弁護士に聞いた

 刑事事件の被告の保釈率が過去10年で最高になったと報じられた。最高裁によると、昨年1年間で、1審の判決前に保釈された件数は、1万4233件。勾留された被告の4人に1人がシャバに戻っているのだ。

 殺人・殺人未遂で起訴された被告ですら保釈率は7.7%と10人に1人近く。強制わいせつや強姦などの性犯罪は32.2%、覚醒剤取締法違反では21.9%と、いずれの保釈率も年々増加している。警察が捕まえたと思った凶悪犯が、実は、拘束されていないこともあるわけだ。ちょっと驚きではないか。

「裁判員制度の導入に伴う裁判官の意識の変化が大きい」と分析するのは、東京永田町法律事務所・小野雄一郎弁護士だ。

「2009年から導入された裁判員裁判では連日、公判が開かれます。その分、被告人と弁護人は事前に十分な打ち合わせをする必要がある。被告人が勾留(身柄拘束)されていると、それができないためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る