五輪3施設で390億円削減 それでも整備費「1000億円」超え

公開日: 更新日:

 はたして、大ナタを振るったと言えるのか。

 4年後の東京五輪の競技施設のうち、東京都が担当する3施設の整備費について、最大390億円縮減できる見通しとなった。小池知事はコスト削減やIOCの意向を考慮し、今週中にも3施設の整備計画の見直し結果を公表する。

 見直しの対象は 水泳会場「アクアティクスセンター」(江東区=当初整備費683億円)、バレーボール会場「有明アリーナ」(同404億円)、ボート・カヌー会場「海の森水上競技場」(東京湾臨海部=491億円)。都はコストダウンを検討した結果、アクアで最大170億円、有明で約30億円、海の森で約190億円が抑えられ、最大で計390億円削減を見込む。

 削減幅は24%に上るが、それでも3施設の整備費は1000億円を軽く突破する。

 小池知事が海の森を宮城県の長沼ボート場に変更したり、着工前のアクアと有明両施設の整備撤回などに踏み切れば、膨張する五輪予算はまだまだ削れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る