五輪施設見直し 森喜朗会長の「IOC受けつけない」はウソ

公開日:  更新日:

 2020年の東京五輪で3施設の見直しが検討されている問題で12日、宮城県の村井嘉浩知事(56)が東京都庁で小池百合子都知事(64)を訪問。ボート・カヌー会場の新たな候補地、宮城県登米市の長沼ボート場をプレゼンすると、小池知事は「『復興五輪』という言葉がどこかにいってしまっているのも、長沼が注目されることで改めて見直されているのではないか」と、早くも“内々定”を出す勢いだった。

 そもそも見直し案が浮上したきっかけは、膨れ上がった開催費用。ボート会場の「海の森水上競技場」は招致段階で69億円だった整備費用が7・1倍の491億円になった。水泳会場の「アクアティクスセンター」は321億円から683億円、バレーボールの「有明アリーナ」は177億円から404億円に増大。3施設で招致時の2・8倍に膨張した。

 そこで建設を中止し、都外への代替施設を探し始めるも、これに東京五輪組織委員会の森喜朗会長(79)が猛反発。「施設建設はIF(国際競技連盟)とNF(国内競技団体)の了解がない限り、IOC(国際オリンピック委員会)は絶対に受けつけない。極めて難しい」と突っぱねたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る