日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会見で体調不良を強調 慎太郎氏は「百条委」回避狙いか

 先週3日、豊洲問題で記者会見を開いた石原慎太郎元都知事(84)。「覚えていない」「専門家じゃない」「部下に任せていた」の連発で、見苦しいったらありゃしないが、本番は今月20日に予定されている都議会の百条委員会での証人喚問だ。土壌汚染対策をめぐる東京ガスの瑕疵担保責任の放棄の問題では、一部都幹部がメディアの取材などに、知事に報告したと言っている。百条委で石原氏が会見時のように「報告を受けていない」と繰り返せば、「偽証」で一発アウトの恐れがある。

「そこで気がかりなのは、石原さんが百条委から逃げる危険性です。3日の会見は、石原さんの要望で、体調不良を理由に約1時間で終了した。百条委の出席には強制力がありますが、必要以上に『体調』を強調しているところが、百条委回避の布石なのではないかとみられているのです」(都政記者)

■長時間に及ぶ尋問に“ドクターストップ”の可能性も

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事