日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“姥捨て山”批判も 杉並区が遠く静岡に特養施設をオープン

 これは平成の“姥捨て山”なのか――。

 24日、東京都杉並区が特別養護老人ホーム「エクレシア南伊豆」(仮称)の入所者募集を始めた。区によると、来年3月に静岡県南伊豆町に開設予定で、50床程度の入居枠に5人の申し込みがあったという。

「区内1000人の特別養護老人ホーム入所待機者に案内したところ、今月15日の説明会に88人が集まりました」(杉並区総務部広報課)

 杉並区は、施設の整備費に6億円を投じ、運営費として年間600万円を出す。入所者の医療費や生活保護費なども負担する予定だという。

 しかし、あまりにも遠く離れた土地に特別養護施設を造ったことで、「これでは姥捨て山だ」と批判の声が上がっているという。現地を視察した堀部康杉並区議がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事