• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人手不足の現場で注目 「レクリエーション介護士」って?

 休日はサラリーマンにとって残酷だ。家でくつろいでいるだけなのに、奥さんにはうっとうしがられる始末。ボランティアでもしようかと思うが、サッカー教室でコーチをやるにしても経験や資格がないと肩身が狭い。そんな人たちは、介護現場に目を向けてはどうか。

 慢性的な人手不足に悩む介護施設では、積極的にボランティア参加を呼びかけている。たとえば、東京都福祉保健局の東村山ナーシングホームでは、話し相手や音楽などを一緒にやってくれる人を募集している。

 とはいえ、どうせやるなら、ある程度の専門知識が欲しい。そこで注目されているのが、「レクリエーション介護士」という資格だ。

 ゲームや歌、ダンスなどの知識やスキルなどを磨くものだが、14年9月に始まってすでに1万人以上の資格取得者を出している。簡単に言ってしまえば、遊びのプロを養成するようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る