人手不足の現場で注目 「レクリエーション介護士」って?

公開日:

 休日はサラリーマンにとって残酷だ。家でくつろいでいるだけなのに、奥さんにはうっとうしがられる始末。ボランティアでもしようかと思うが、サッカー教室でコーチをやるにしても経験や資格がないと肩身が狭い。そんな人たちは、介護現場に目を向けてはどうか。

 慢性的な人手不足に悩む介護施設では、積極的にボランティア参加を呼びかけている。たとえば、東京都福祉保健局の東村山ナーシングホームでは、話し相手や音楽などを一緒にやってくれる人を募集している。

 とはいえ、どうせやるなら、ある程度の専門知識が欲しい。そこで注目されているのが、「レクリエーション介護士」という資格だ。

 ゲームや歌、ダンスなどの知識やスキルなどを磨くものだが、14年9月に始まってすでに1万人以上の資格取得者を出している。簡単に言ってしまえば、遊びのプロを養成するようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る