• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日は出ていなくても好機 「日照不足」「冷夏」関連15銘柄

 異常な天候が続いている。8月に入ってから、都内の日照時間は平年の3~4割にとどまり、岩手県内4カ所では8月11~20日、日照時間は観測史上初の「ゼロ」だった。日照不足、気温低下の影響で、プールや海に遊びに行く気になれず、野菜も高騰と、消費者にはマイナス面が大きかった。

 冷夏の打撃を受けた企業も多いが、兜町は、こんな状況下でも“ホクホク”だった企業に注目している。SBI証券客員マーケットアナリストの藤本誠之氏はこう言う。

「日照不足を背景に、屋内レジャー関連は好調でしょう。カラオケ事業を展開する『コシダカホールディングス』や、屋内エンターテインメント施設を手掛ける『ラウンドワン』、映画製作・配給の『東宝』などが挙げられます。出前関連として、宅配寿司“銀のさら”が有名な『ライドオン・エクスプレス』、ネットで注文可能な“出前館”を運営する『夢の街創造委員会』も業績を伸ばしていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る