• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラジル検察が結論と報道 東京五輪招致“裏金疑惑”再浮上

 東京五輪の“裏金”疑惑が再燃するか――。

 2016年リオデジャネイロ五輪と20年東京五輪の招致を巡り、両五輪の招致委から当時の国際オリンピック委員会(IOC)委員の親族に、買収目的で多額の金銭が渡った可能性があると、ブラジル検察当局が結論付けた。英紙ガーディアン(電子版)が13日、報じた。

 東京五輪については、開催決定直後の13年11月、招致委がコンサルタント契約を結んでいたシンガポールの会社から、当時のIOC委員ラミン・ディアク氏の息子パパマッサタ氏に8万5000ユーロ(約1100万円)が渡ったという。ブラジル当局は、IOC内で影響力を持つラミン氏を、息子を通じて買収する目的があったと主張。最初にこの疑惑の捜査に着手したフランス検察当局と連携し、捜査を進めている。

 五輪の招致を巡る裏金については、招致委からコンサル会社に支払われた2億3000万円が、ディアク親子に渡ったのではないかと疑われたものの、お手盛りの調査で“違法性なし”とされ、ウヤムヤになっている。

 ブラジル、フランス両当局が捜査を進めているのに、日本の検察当局は何をやっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事