ブラジル検察が結論と報道 東京五輪招致“裏金疑惑”再浮上

公開日:  更新日:

 東京五輪の“裏金”疑惑が再燃するか――。

 2016年リオデジャネイロ五輪と20年東京五輪の招致を巡り、両五輪の招致委から当時の国際オリンピック委員会(IOC)委員の親族に、買収目的で多額の金銭が渡った可能性があると、ブラジル検察当局が結論付けた。英紙ガーディアン(電子版)が13日、報じた。

 東京五輪については、開催決定直後の13年11月、招致委がコンサルタント契約を結んでいたシンガポールの会社から、当時のIOC委員ラミン・ディアク氏の息子パパマッサタ氏に8万5000ユーロ(約1100万円)が渡ったという。ブラジル当局は、IOC内で影響力を持つラミン氏を、息子を通じて買収する目的があったと主張。最初にこの疑惑の捜査に着手したフランス検察当局と連携し、捜査を進めている。

 五輪の招致を巡る裏金については、招致委からコンサル会社に支払われた2億3000万円が、ディアク親子に渡ったのではないかと疑われたものの、お手盛りの調査で“違法性なし”とされ、ウヤムヤになっている。

 ブラジル、フランス両当局が捜査を進めているのに、日本の検察当局は何をやっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る