立憲民主潰しに血眼 安倍自民が苦戦する「激戦74選挙区」

公開日: 更新日:

 大手メディアが「自公300議席」と報じている10・22総選挙。しかし、289選挙区のうち、自民党候補が「当選圏内」に入っているのは、せいぜい150程度だ。残りの140議席は、どうなるかまったく分からない。自民党は51の選挙区で野党候補と接戦となり、23人の無所属候補にリードを許すか接戦となっている。

 安倍自民党は立憲民主つぶしに血まなこになっている。16日夜、安倍首相も出席した選対会合では、49の激戦区を重点区として指定。投票日まで残り4日。自民党はこの重点選挙区を徹底的にテコ入れする方針だ。激戦区の多くで立憲民主と戦っている。政治評論家の山口朝雄氏が言う。

「自民の最大の敵は、勢いを失った希望の党ではありません。安倍政権が恐れているのは、立憲民主旋風の背後にいる市民の力です。組織票ではありませんから、立憲民主の候補がどれだけ伸ばすのか読めないのです。安倍自民はなりふり構わず総力を挙げて立憲民主をつぶしにくるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  10. 10

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

もっと見る