日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アニメ中心地は台湾へ 「日本製=ダメ」が定着しつつある

庵野秀明監督は「日本のアニメは凋落」と予言/(C)日刊ゲンダイ

 日本製は文化面でも陰りを見せている。最たるものがアニメだ。昨年、新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」が話題になったが、近年はジブリ作品もパッとしない状態が続いている。そもそも、世界でウケた日本のアニメは、ドラえもん、ドラゴンボール、キャプテン翼、ワンピース……と1世代、2世代前…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事