バブルの終焉か 天文学的“爆騰”も仮想通貨はやはり要注意

公開日:

 2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれるほど仮想通貨に注目が集まった一年だった。代表格であるビットコインは昨年1月の11万円前後から約220万円と20倍に高騰。他にも、12年に誕生した「リップル」は昨年1年間で約613倍になり、15年に登場した「ネム」は約534倍に跳ね上がった(別表)。

 実際に、昨年1年間で仮想通貨に投資し、1億円以上稼いだ「億り人」が国内に数百人いるというから驚きだ。

 一方で、国税当局は仮想通貨投資で数億円の利益を得た投資家をリストアップし、データベース化する方針。今年2~3月の確定申告時に提出される17年分所得を、これらのデータと照合し、不審な点があれば追徴課税や脱税容疑での立件も検討するという。

 ただでさえ、仮想通貨取引をめぐる消費者センターへの相談件数は14年度の194件から16年度には634件と急増している。「今後、規制が強化されるのは必至」(金融業界関係者)という。異常な“沸騰劇”は今年も続くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る