• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バブルの終焉か 天文学的“爆騰”も仮想通貨はやはり要注意

 2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれるほど仮想通貨に注目が集まった一年だった。代表格であるビットコインは昨年1月の11万円前後から約220万円と20倍に高騰。他にも、12年に誕生した「リップル」は昨年1年間で約613倍になり、15年に登場した「ネム」は約534倍に跳ね上がった(別表)。

 実際に、昨年1年間で仮想通貨に投資し、1億円以上稼いだ「億り人」が国内に数百人いるというから驚きだ。

 一方で、国税当局は仮想通貨投資で数億円の利益を得た投資家をリストアップし、データベース化する方針。今年2~3月の確定申告時に提出される17年分所得を、これらのデータと照合し、不審な点があれば追徴課税や脱税容疑での立件も検討するという。

 ただでさえ、仮想通貨取引をめぐる消費者センターへの相談件数は14年度の194件から16年度には634件と急増している。「今後、規制が強化されるのは必至」(金融業界関係者)という。異常な“沸騰劇”は今年も続くのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る